アメックスゴールドの解約引き止めで『年会費無料』

f:id:takarabakosagashi:20170624115631j:plain

昨年、Amazonから届いた箱に入っていたアメックスゴールドの入会キャンペーンより、入会し1年が経ちました。

今回、解約を申し出たところ、引き止められて『年会費無料継続』となりました。

 

アメックスゴールドとは?

アメックスゴールドは、年会費が29,000円と年会費が非常に高いですが、

下記の公式サイトにも記載があります通り、様々なサービス+ステータスがあり、

個人的にはとてもお気に入りのカードでした。

ゴールドカード|アメリカン・エキスプレス

 

サービスは完璧。ただ年会費が高い。。。

年会費29,000円。高いですよね。

 

サービスのことを考えて更新することも考えましたが、

泣く泣く、解約の電話。

 

解約の電話でのやり取り

(簡略化してます)

私:カードの解約をお願いします。

AMEX:何か不満な点が?

私:サービス自体はとても素晴らしく、この一年間愛用させて頂きましたが、年会費が高いことが気になります。

AMEX:私たちにできることを考えるお時間を頂けないでしょうか?

私:はい。

(2〜3分)

AMEX:支払金額が非常に多く、支払い状況も完璧ですので、もう一年『年会費無料で』このカードの魅力を感じて頂けないでしょうか?

私:ありがとうございます。(心の声:やったー☆)

 

まとめ

アメックスゴールドで継続して年会費無料にするためには、

支払金額と支払い状況が大切の様ですね。

 

ちなみに、プラチナカードの連絡まで来ました。

さすがに、こちらは多額の年会費がかかるので延期中☆

 

 

イーサリアムがビットコインの時価総額を抜く??

f:id:takarabakosagashi:20170612223453j:plain

イーサリアムが急騰中ですね。

 

どれくらい上昇している?

f:id:takarabakosagashi:20170612224010p:plain

今年1月1日は1ETH=943円が、6月11日で1ETH=45,929円

 

48倍!!!

 

ビットコインとのシェア差は?

f:id:takarabakosagashi:20170612224508p:plain

Global Charts | CryptoCurrency Market Capitalizations

 

もうそろそろビットコイン時価総額を抜きそうじゃないですか?

この勢い。。。

 

なんとなく、ETHが、ビットコイン並みの値段になるのかなと思い、少しずつ買い足していましたが、この勢いはやばし☆

 

ただ、勝手なイメージでイーサリアムが今のビットコインの価格くらいになるかなとおもってましたが、そうなると時価総額ビットコインを大きく上回ることになるんですね。

それもまだ難しいか。。。

 

 

 

 

 

タクシーの運転手さんがSquareを使ってました!!

f:id:takarabakosagashi:20170607210122j:plain

本日、タクシーに乗ったんですが、

どこかで見たことあるマークを発見!!

 

『Square』でした。

 

Squareとは?

手軽にカード決済を導入することができる仕組みです。

 

 下記リンク参照。

 

別に事業をしているわけではないですが、この仕組みは事業者にとっては非常にメリットが高いと思っていたので、本日タクシーでこのマークを見かけた時に、ついつい運転手さんにSquareの印象を聞いてみました。

 

運転手さんがメリットに感じている点

・タクシーが列になって並んでいるときに、クレジットカード払いを希望する方がいた場合、列に並ばずにお客を乗せることができる。

・外国人観光者が増えてきているが、クレジットカードを希望する人が多い。

・月々の手数料がいらず、振り込みも早い。

(振込手数料については把握されていなかったが、会社じゃない?とのこと)

ICカード対応に交換して、時短ができた。

まとめ

初期費用なく、上記のメリットがあったら、導入した方がいいですよね。

外国人が増えているのであれば、海外に行ったときUberを日常的に使える環境を見ていたので、導入したら?と提案したら、Uberについてはご存じなかったです。

 

帰って調べてみたら、Uberって東京だけなんですね。。。

 

なんでだろう?

 

Squareに登録する際は、是非下記リンクより☆

 

ビットコインでアービトラージ(裁定取引)は手軽にできるのか???

f:id:takarabakosagashi:20170601153518j:plain

ビットコインの価格を色々とみていると取引所によって価格が違うということに気がつき、この差によって利益を得ることができるのではないかと、感じたことはないでしょうか。

 

結局、『手軽』ではなさそうだったという内容です。。。

 

例えばこんな感じ

f:id:takarabakosagashi:20170601154004p:plain

Bitcoin相場 in 日本

国内の取引所でも、価格が異なる事がご確認頂けるかと思いますが、特に海外と比較すると差があるという傾向にあります。

今は、少なくなっておりますが、数日前までは、2〜3万円程の差で日本が高いという流れが続いておりました。

 

アービトラージ裁定取引

この差額で利益を出す方法をアービトラージ裁定取引)というらしいですね。

 

詳しくは以下のサイトより

裁定取引/アービトラージ│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

 

どうすればアービトラージができるのか?

      『安くビットコインを買って、高く売れば良い。』

やることとしては、

・安くビットコインを購入できる取引所をみつける(海外)

・高くビットコインを売れる取引所をみつける(日本)

 

高くビットコインを売れる取引所は、日本の取引所ですね。

( まだ口座を開いていない場合は、大手の資本が入っているビットフライヤーはいかがでしょうか。)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

では、

安く購入できるビットコインの取引所はどこか?

基本的に海外のビットコインの価格の方が日本の取引所より安くなる傾向がありますので、海外で口座を探すことにしました。

(参考)海外のbitcoin取引所 | coincheck よくある質問

この中で『手軽』にしたいと思うと、クレジット購入することができるbitstampと考え、bitstampについて調べてみました。

 

結論としては、

  『手数料が高いので、イメージしたほど利益を出せない』

まず、bitstampで取引をする際に必要なコストは、

①クレジット手数料  5〜8%

②取引手数料     0.13〜0.25%

③為替手数料     ??

 

仮に、

・購入金額を手数料が安くなる600万円(これだけクレジット利用できる人も少ないと思いますが)

・差額が2万円 bitstamp :1BTC=26万円 日本:1BTC=28万円

とすると、

利益={28万円(日本)ー27.3万円(bitstamp 5.25%の手数料含)}×22倍

  =7千円×22倍

 

  =15.4万円

更に、クレジットカードで円→USDに変更するための手数料、600万円の場合購入金額が一定にはならず金額が上がると言うことも考える必要があります。

 

10万円弱の利益のために600万円を危険にさらす。。。

 

ちなみに、50万円程度の購入金額であれば、手数料込みで28万円をオーバーしてしまうので、話になりません。

 【bitstampより】

f:id:takarabakosagashi:20170601161027p:plain

f:id:takarabakosagashi:20170601161043p:plain

 

まとめ

日本と海外でビットコインの価格に2万円程差があったとしても『手軽』にアービトラージは難しいですね。

更に日本の取引所では現状8%の消費税が入っているみたいですが、これが非課税表示になると更に金額が海外に近づいてくるとか???

 

ただ、クレジットカードを使うと1%のポイントがつくと考えると、

+6万円の利益をかさ増しすることは可能ですね。

 

後、考えられる方法としては、

USDを日本から送金して取引を行うこともできるかと思いますが、海外送金にはマイナンバーが必要になるみたいですし、本気でやる気が起きないと難しいですね。

 

残念。。。

 

日本で、口座を作って純粋にビットコインの値上がりを待った方が楽ですね。

値上がりするかどうかは分かりませんが。。。

 

追記:基軸通貨を日本円ではなく、ビットコインにするとできるかも☆

 

ビットコインの取引が承認されないのはなぜ?

f:id:takarabakosagashi:20170526113847j:plain

ビットコインを送ったのに、中々相手に届かない(ToT)

既に4日以上、承認されないまま放置されています。

即座に承認されないのはなぜでしょうか?

 ビットコインを送付するときに必要になる取引手数料が影響しています。

 

ビットコイン取引の仕組み

①私たちが送信したビットコインは直接提供者に届くのではなく、まずその取引内容がメモリープールという場所に留まります。

②メモリープールにある情報をマイナー(採掘者)と呼ばれる承認者が承認していき、ブロックに格納されていきます。

・メモリープールにある状態=未確認(unconfirmed)

・ブロックに格納されること=確認(confirmation)

 ③確認が進んでいって、持ち主が提供者のものになります。

 

 

では、メモリープールに貯まった取引はどの様に優先順位を立ててブロックに格納されていくのでしょうか?

 

実は、この作業にはマイナーが関与致しますので、やはり取引承認の動機が必要になります。

 

それが取引手数料です。 

取引手数料を高くすれば優先的に確認が進み、低くすればプールに残ったままになります。

 

そして、問題はそのまま残った取引は今のバージョンでは、手数料の低い取引から順にメモリプールから除外されるようになりました。

除外された取引はキャンセルされてビットコインは元のアドレスに戻るので、再度使用できるようになります。(下記参考資料情報)

 

【参考資料】 

ビットコインとは何か? 第4回:ビットコインの仕組み(取引承認と採掘) - ビットコインの解説 | Bitcoin日本語情報サイト

 

取引手数料はいくらにすればいい?

 一般的取引手数料は、金額が大きければ大きいほど大きくなるイメージがありますが、ビットコインに関しては異なります。ビットコインではなく、取引データ量(byte)から決定されます。

 

私が使用しているウォレットでは、44sat/byteと言うように1byte辺り何sat取引手数料を使っているかが分かるようになっています。

(1satoshi = 0.00000001BTC)

 

この取引手数料が最近かなり上がっています。

2017年2月頃は、80sat/byte程度あれば、10〜20分で承認されていましたが、 

・3〜4月 120〜140sat/byte

 ・5月   300sat/byte以上

と、すぐに承認されるのに必要なBTCはどんどん上がっています。

 

私は、間違えて5月19日に65sat/byteで送付してしまった取引は、5月26日時点でも未承認です。

 

まとめ

元々、ビットコインは手数料が少ないことがメリットでしたが、

更に取引が活発化し、手数料が必要になった場合は、ビットコインのメリットが薄れてしまいますね。。。

 

※この記事はビットコインの素人がネット情報を元に自分の疑問を解決するため、

まとめていますので参考程度に留めて頂けると幸いです。

 

ギフルでお得にAmazonで買い物できる

f:id:takarabakosagashi:20170525193005j:plain

最近、アマゾンギフトが安く購入できる、ギフルを使ってます。

 

ギフルとは?

下記サイト参照。

人気ギフト券の個人売買支援サービス「ギフル」 | Amazonギフト券、iTunesカード、GooglePlayカード、LINEプリペイドカードが格安・割引価格で購入できます。

どれくらい安いギフトが購入できるか

・2日に一回くらい 12%引きの10,000円アマゾンギフトが出品される。

→1分以内に完売。。。

・1日一回くらい10%引きの10000円アマゾンギフトが出品される。

→10分以上余裕あり

・まれに10%引きのアマゾンギフトが大量出品される。

安く出品されたギフトを見逃さない方法

・90%以下になったら通知がくるように設定。

・先に入金をしておく。(10%引きはでてから入金しても購入できた)

 

結果

一度、やりだすと止まらない。。。 既に20万円以上購入してしまい、

使うのに困ってしまう。

 

こんなとき『Purse.io』が役に立ちますね。

 

注意

基本的に、ギフト券が使用できるかどうか確認してから、取引終了ボタンを押せるので、詐欺等にあいにくいと思っています。

 

ただ、出品されたギフト券が最初は使えても、出品者がギフト券の支払いを怠る(クレジット引き落とし不可等)と、途中から使用できなくなり、それに関してはアマゾンもギフルも対応してくれないというコメントがあるサイトに書かれていたため、買いだめはしないようにした方が良いかもしれないですね。

今のところは全て利用できています。